ふるサポ通信

生物多様性:辻功のとんぼシリーズ第10回目

お知らせ

最近冬になっても雪が降らない、花が早く咲いているなどの話が多いです。

私の家の庭には保全を目的として20年にわたりゲンゴロウモドキを飼育しています。2000年台の年には春のゴールデンウィークの少し前に幼虫が生まれたものですが、最近は3月末から4月上旬でした。それが今年2020年には2月半ばに卵を見るようになりました。20年前よりも2か月も早まっています。あちらこちらで温暖化の話題が取り上げられていますが、今回は本当に実感しています。SDGsの考えを実践していかないと、日本にいる生物で、まず北方種から姿を消し始めると思います。

 

1.ホソミオツネントンボメス

このトンボは今年の1月、ゲンゴロウモドキの生息環境を整備しているときに、陽だまりの水辺にやってきました。まだ自分の体を枯れ枝に似せるために茶色をしています。暖かい日が続いて春になると体に青味がかかってきます。

冬は木の枝のふりをして止まっています。

 

2.オツネントンボ

冬越しをするトンボ、もう一つはオツネントンボです。冬の間は建物の隙間などに集団で越冬をしていることが観察・報告されています。

こちらも枯れた葉のような色をしていて、春先のヨシや枯草に止まると、よほど注意しないと分かりません。

おまけに写真をご覧になればおわかりかもしれませんが、草にへばりつくようにぺったりと身を沈めます。

こうやって身を伏せていても近づいていくと急スピードで飛び立ちます。

これらのトンボが水辺に姿を現し始めると、いよいよトンボシーズンがやってきます。

 

 

 

60分でわかる! SDGs 超入門

新品価格
¥1,188から
(2020/3/28 20:05時点)

環境・CSR情報誌「Vane(ヴェイン)」にGCFが紹介されました。

お知らせ

環境・CSR情報雑誌であるVane(ヴェイン)vol.06 2020年2月号に弊社がふるさとチョイスを運営するトラストバンクと啓発に取り組んでいる社会課題解決のふるさと納税であるGCFが紹介されました。

GCFとはガバメント・クラウドファンディング(Goverment Crowd Funding)の頭文字をとったもので、自治体によるクラウドファンディングであり、弊社はふるさと納税の活用を推進しています。

 

 

参考:Vane online

https://www.vane.online/

 

 

 

SDGs経営  “社会課題解決”が起業を成長させる [ 日刊工業新聞社 松木 喬 著 ]

価格:1,760円
(2020/3/15 14:03時点)
感想(0件)

 

セミナー実施が公明新聞に紹介されました。

お知らせ

2月22日に実施されました埼玉県深谷市でのセミナーが公明新聞等で紹介されました。

深谷市内に勤務の方や市民の方にも参加して頂きSDGsの基礎知識を学んでいただき

ゲームを通じてSDGsを体感して頂きました。

 

なお新型コロナの丁寧な対策のもと安全安心に実施されました。

 

<公明党ニュース>

https://www.komei.or.jp/komeinews/p56635/

 

 

 

Q&A SDGs経営【電子書籍】[ 笹谷秀光 ]

価格:1,650円
(2020/3/15 14:04時点)
感想(0件)

オアシス通信(2020年1月号)に寄稿しました。

お知らせ

福祉医療機構 福祉貸付特約火災保険 指定代理店 株式会社福祉施設共済会がお客様向けに発行する「オアシス通信(2020年1月号)」にSDGs関連の記事を寄稿しました。

一部の社会福祉法人では、人材採用や利用者さまとのコミュニケーションツールとして、SDGsの活用が始まっています。

弊社は、社会福祉法人におけるSDGs推進にも取り組んでいます。

 

 

https://www.fs-k.jp/blog/wp-content/uploads/2020/01/1226Oasis2020_1%E6%9C%88%E6%A0%A1%E4%BA%86.pdf

Q&A SDGs経営 [ 笹谷 秀光 ]

価格:1,650円
(2020/3/7 20:12時点)
感想(0件)

SDGs生物多様性:辻功のとんぼシリーズ第9回目

お知らせ

昨年11月に神奈川県生命の星博物館「日本トンボ学会大会」がおこなわれ、私(辻功)も参加しました。

その時にはトンボ企画展として標本 写真 図絵などが飾られました。写真はプロアマの写真約100枚が展示され、私も20枚担当しました。

どれも力作ぞろいで会員だけではなく一般の方も多く来場されて、好評を博しました。今回はそのときの模様と作品の中から紹介いたします。

 

ミヤジマトンボ交尾

ミヤジマトンボというシオカラトンボの仲間です。このトンボは香港と日本の広島県宮島にしかいない大変貴重なトンボです。また道のない小さな湾にいるので、小さい船に乗っていかないと会うことが出来ません。地元の人たちと行政が力を合わせて保護しています。まだ私がフィルムを使っていたころの撮影です。最近はイノシシが生息地を荒らすので、高い柵を設けていてこのような写真は撮影出来なくなりました。

 

 

 

ギンヤンマの産卵中にほかのギンヤンマが襲い掛かるところ

ギンヤンマはオスメスが2匹繋がって産卵をします。ヤンマのような大型のトンボでは珍しい行動です。一番右のギンヤンマは運悪くメスと出会えなかったオスで、「あぶれオス」と言われます。その腹立ちからか、左側のメスではなく真ん中の運よくペアになることが出来たオスに執拗に攻撃を繰り返しました。

擬人化をすることもどうかとは思いますが、やきもちなどという感情もあるのでは、などとレンズの向こうの光景を写しながら感じてしまいました。

 この写真は以前三浦半島昆虫研究会の写真コンテストで生態写真部門1位入賞したものです。

 

『SDGs経営』持続可能な地域社会

新品価格
¥1,300から
(2020/1/13 22:51時点)